ドニエネ・ゴロンドーナ・チャコリーナ/Doniene Gorrondona Txakolina

スペイン北部地方のワイン > チャコリ・デ・ビスカイア地区

発泡感なし、しっかりとしたボディのビスカイア産チャコリ

ビスカイア産チャコリ発祥の地、バキオの歴史ある農場から成長したチャコリのプロフェッショナルワイナリー

ドニエネ・ゴロンドーナ・チャコリーナは、バスク・ビスカイア県北部のカンタブリア海に面した、 ビスカイア県におけるチャコリ生産発祥の地と言われる自治体バキオにあるチャコリワイナリーです。

1852年にはチャコリが作られていた記録が残る古い農場から進化し、 チャコリに特化した現代的なワイナリーとして、優れたチャコリを生産しています。

伝統の製法を守りながら常にチャコリの可能性について追求し、 持続可能なエネルギーの研究や資源のリサイクルにも精力的に取り組む、 バスク・チャコリ生産者の中でも非常に先進した技術とメンタルを持つワイナリーの一つです。

畑は海抜200mほどの南側の水はけが良く日照に恵まれた斜面に位置しています。 周りを囲む山が海風をブロックすることで、他チャコリ生産地よりも湿度が低いのが特徴。 この気候の特徴が、ドニエネ・ゴロンドーナ・チャコリーナのしっかりとした骨格を作る要素となります。

ビスカイアのチャコリは、ゲタリアのチャコリのように発泡させません。
泡を残さずアルコール発酵させることで、骨格のあるしっかりとした果実のポテンシャルを生かした白ワインとなります。
もちろん、土着品種オンダラビ・スリ特有のレモンのような酸味、ドライな味わいはやはり爽やかなチャコリ。

グラスには通常の白ワインのように静かに注いで頂きます。

ワインリスト


PAGE TOP