ボデガス・ロス・フライレス/Bodegas Losfrailes

スペイン地中海地方のワイン > バレンシア地区

テロワールを表現したワインを醸造 

ボデガス・ロス・フライレスは、畑の区画Casa los frailes(カーサ・ロス・フライレス、修道士の家)の名からその名がつけられました。1767年、スペイン国王のカルロス三世がイエズス会を領土から追放、修道士たちが土地を去り持ち主のいなくなった畑は公売にかけられ、私たちの祖先がこの畑とワイナリーを取得、モナストレル、フォルカヤ、ベルディルなどの土着品種を使用しワインを醸造する権限があったことが書面に残っています。

1771年以降、ワイナリーは途絶えることなく、ベラスケス・フィエレスファミリーによって13代にわたり経営され、特にモナストレルの栽培・醸造に力を入れてきました。

ワイナリーはバレンシア州エル・アルフォリンに位置しています。地中海から内陸に80km、標高600mです。

私たちのフィロソフィーは、テロワールを表現したワインを醸造すること、畑の保全に注力し、経験を生かして最新の栽培テクニックを取り入れ、厳しい区画管理を行っています。

ワインリスト


PAGE TOP