リオハ1968ビンテージ入荷しました。

ビニャ・バロリアブログ

ボデガスバロリア/BODEGAS・ VALOLIA

ボデガス・バロリアは1860年、リオハ・アルタで最高とされるファンマヨールの地にペレス・フォンセア氏によって設立されたワイナリーです。

1980年にソレラシステムが禁止されるまでリオハではソレラシステムでのワイン造りが一般的でした。ほとんどのワイナリーがソレラシステムを使ったノン・ビンテージのワインを造っていました。ボデガス・バロリアはその長い伝統と確かな品質により、リオハで1980年以前のビンテージを販売できるわずか10軒のワイナリーの一つに認定されています。

ビニャ・バロリア グランレセルバ コセチャ 1968

アメリカンオーク新樽(225リットル)で48ヶ月熟成

瓶熟成49年

レンガ色を帯びたチェリーガーネット。コショウ、スパイス、熟した赤いベリーのアロマがあり、エレガントで力強い香りがします。軽やかなタンニン、甘いオークの風味が全体的な高級感を感じシルクのような、繊細でなめらかな味わいの余韻が心地良い。

あらゆる種類の肉、ラムのシンプルなロースト、狩猟肉、熟成チーズに最適です。15°Cから18°Cの間の温度で飲むのが最適です。1時間前にボトルの栓を抜くことをお勧めします。

評価:92ポイントWine&Spirits Wine&SpiritsMagazine

バロリア コセチャ 1968
バロリア コセチャ 1982
バロリア コセチャ 1987

ビニャ・バロリア コセチャ 1982

アンフォラ(10000リットル)にて48ヶ月熟成

深みのあるチェリーレッド。甘い焼きイチゴとチェリーのフレーバーと、ハーブ(ローズマリー)の香り。フローラルなトーン、そしてスモーキーで、コショウ、スパイスの香り。 タンニンのバランスが取れたワインです

評価:93ポイントUSAワインレーティング評価(2020)

ビニャ・バロリア コセチャ 1987

アンフォラ(10000リットル)にて48ヶ月熟成

ガーネット色。スパイス、バニラや熟したフルーツのアロマ。フレッシュで柔らかいタンニン。クラシックモデルの素敵でエレガントなリオハです。

評価:グランドゴールドアジアワイントロフィー(2020)

関連記事一覧

  1. finoblog20200722
  2. ron-barcelo-organicロン バルセロ オーガニック
  3. オノール セリェール・ハン・ビダル
  4. Sangria Xantal サングリア シャンタル 750ml

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP