バスク州 リオハ・アラベサ~POLA~入荷しました!

polacrianza-01/ポラ クリアンサ

ボデガス ロペス・オリアは4世代にわたってブドウ栽培とワイン造りに専念している
家族経営のボデガです。

リオハDOCa内のサブリージョン、リオハ アラベサの中心部にあるカンタブリア山脈の麓
粘土-石灰質土壌の様々な標高の畑で作られるテンプラニーリョは赤の主な品種、
ビウラは最も重要な白の品種です。

この度ボデガス ロペス・オリアの若飲みタイプと熟成向きの3種類の赤が新入荷!

Pola Maceración Carbónica2020
品種:Tempranillo 95% Viura 5%
樹齢:30年と34年の畑の樹
標高:400m~650 m、白亜質の粘土質
収穫:手摘み。10月
発酵:房全体をマセラシオンカルボニック発酵

アルコール度:14%

テイスティングコメント
紫がかったチェリーレッド色。熟れたグミやイチゴのような赤い果実のはじける香りと
シナモンのようなサラッとしたスパイスやカラメル、チョコレートのわずかな香りです。
酸味が豊かでパワーもあるやや濃厚な余韻。
少し冷やし気味の10~12度でもよいです。

Pola Crianza2018
品種: Tempranillo100%
樹齢:45年
標高:400mから500メートル、白亜質の粘土質土
収穫:手摘み。10月

アルコール度:13.5%

熟成:フレンチ(70%~80%)とアメリカン(30%~20%)のオーク樽で12ヶ月間

テイスティングコメント
ほんのりピンク色を帯びた中農のガーネット色。アーモンドのキャラメリゼ、薫香、
カシスのジャムとバニラや松脂のようなウッディな香りが優しく包み込み、たくましさも感じます。
長く続く酸が引き締まったタンニンと共に複雑な余韻となっています。

Pola Antonio Lopez2017
品種: Tempranillo100%
樹齢:45年
標高:600 m、白亜質の粘土質
収穫: 手摘み。10月

アルコール度:13.5%

熟成:フレンチオーク12ヶ月

テイスティングコメント
ややレンガを帯びた中農のガーネット色
風味は穏やかで閉じ気味なので飲む1、2時間前に開けたほうが良いです。
コーヒー、ドライオレガノ、野生的な小粒の黒い果実の乾いた香りです。
酸とタンニンはしっかりしている。長い熟成にむきそうな逞しさがある。
口中には長い余韻が続きます。

関連記事一覧

  1. ブログニバリウス
  2. lepantoレパント銅賞
  3. unico2006ウニコ
  4. iraberriイラベリ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP