TWSC2021東京ウイスキー&スピリッツコンペティション2021
銅賞を受賞

lepantoレパント銅賞

TWSC2021東京ウイスキー&スピリッツコンペティション2021
銅賞を受賞しました!!
5月17日に発表されたばかりの受賞のご報告です。

レパント グラン・レゼルバ
ゴンザレス・ビアスの伝統的なソレラシステムにより12年樽熟成されたシェリーブランデーです。
ナッツ、スパイス、レーズンやイチジクの成熟したクリーンで複雑なアロマ。
味わいは強烈で非常にドライですが、エレガントな滑らかさを維持しています。

ロン・バルセロ・インペリアル
ドミニカ産アメリカンホワイトオークで12年熟成のラムです。
バタークリーム、ドライチェリー、強烈なバニラ、
パイナップルジャム、カラメルをかけたクルミのアロマに続いて、
なめらかでスムーズな味わい。
ドライフルーツやモカトーストフレーバーの素晴らしい余韻です。

約200名がリモートで審査を行う一次審査と、約50名を招聘して行う二次審査の2段階審査(ハイブリッド審査)を
ブラインドテイスティングで行われました。

以下は<TWSC実行委員長 ご挨拶より>
「東京ウイスキー&スピリッツコンペティション(TWSC)」は
東京オリンピックの開催に合わせて、日本のウイスキーやスピリッツを世界に向けて発信したい―― そんな願いを込めて、
オリンピック前年の2019年にスタートしたのが、はじまりでした。

世界中の人々が集まれない今だからこそ、逆に継続して発信すべきというジャッジや関係者の皆様の声に支えられ、
リモートという新しい手法で審査を継続することができました。

奇跡的なV字回復を果たした日本のウイスキー、クラフト蒸留所のためにも、
この「東京ウイスキー&スピリッツコンペティション」は継続すべき。
新たな決意とともに、第3回のTWSCを2021年の春に行うことを決定しました。コロナとの共生、
ウィズコロナの中で私たちが見出したのが、リモート審査と、
審査会を組み合わせた2段階審査、ハイブリッド審査の導入です。

関連記事一覧

  1. ドナ・ドルカDona Dolça
  2. Gonzalez byassゴンサレス・ビアス
  3. ニバリウス
  4. ブログニバリウス
  5. ルスタウシングルカスク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP